M&A補助金で期間中に引き継ぎできなかった場合

専門家活用事業の補助期間中に経営資源の引き継ぎが実現しなかった場合の、専門家費用等がどうなるかについてです。

まず、買い手支援型において経営資源の引き継ぎが実現しなかった場合、原則としてデューデリジェンス費用のみが補助対象経費として認められます。

売り手支援型の場合は、基本合意書締結以前に発生する着手金等の専門家費用は補助対象外となります。

なお、専門家作成資料が「専門家の支援を受けて事業再編・事業統合等に着手・遂行した実態がある」と事務局が認めない場合、当該専門家費用については補助対象経費として認められない可能性があります。